2017年5月13日土曜日

相手がいてもいなくても…[小平奈緒]


「狭い枠のなかで頑張っている…」

ソチ五輪の頃、小平奈緒(スピードスケート)は、そう感じていた。

「最初のバンクーバー五輪までは楽しんでやれていましたが、それはまだ経験も浅くて、あまり世界を見ていなかったので。結局、あの頃(ソチ五輪)は、自分の理想とする目的がはっきりしていなかったんだろうと思います」



なにを、どうしたらいいのか?

オランダへ、武者修行の旅にでた。



小平は言う。

「ソチの頃は、自分を他人と比較している部分もあったと思います。でも、オランダへ行ってみたら、向こうは子供のころから個人を認められて育ってきているなと感じて。親は誰かと比べてできるできないではなく、時間がかかっても本人がどれだけ成長できたかを褒めるので、

『なんか日本とは違うな。これが文化かな?』

と思ったんです。そういう目でチームの選手を見ると、自分で身につけたことに対しての自信がすごく強い。私もそういうところで自信をもつようにすればいいんだと思ったんです」



オランダでの修行中、小平奈緒はスピードスケート女子500mでW杯総合優勝をはたす(2014-15シーズン)。

小平は言う。

「じつはオランダへ行った1年目は記録が伸びなかったんです。でも、たまたまワールドカップで勝って、総合優勝したら急に注目されて。そのことに疑問をもちつづけていました。そういうなかで

『勝ち負けは関係ないな』

と思うようになりました。競技なので順位はつくし、順位もたしかに重要ですが、それは結果としてついてくるだけのもの。

『(順位は)目指す目的ではないな』

と。スポーッツって、まず自分をふくめて全員がベストのパフォーマンスを出すことを目指していて、順位はそのうえで決まるものです。だから、結果が2位でも3位でも、自分がベストを尽くしていれば他の人を敬う気持ちも持てるし、勝っても他の人を蹴落としたいという気持ちのガッツポーズにはならないと思うんです」



オランダで独り、自転車をこいでいると、ふと、この言葉が頭にうかんだ。

”与えられるモノは有限。求めるモノは無限”

小平は言う。

「オランダに行って。知らなかった世界を見てきたことで、当たり前に思っていたこれまでの世界が、輝いて見えたんです」



そして帰国を決意する。

「帰国も自分で決めたからこそ、です。与えられるだけだと、狭いカゴの中にいるようで義務感も感じます。でも自分で求めたことには自分に責任があるし、自分が何をやっても正解だと自信をもてると思うから」

オランダの2年間で、小平に迷いはなくなった。



かつて古武術を教わったときに聞いた、この言葉がすんなりと理解できた。

”相手がいてもいなくても一緒。ただ自分の動きをするだけ”

同走の相手を意識しすぎず、といって自分ひとりだけに集中しすぎない精神状態。相手の雰囲気を感じながらも、自分の動きをする。これがタイムを競うスポーツの楽しみ方なんだ、と。

小平は言う。

「いまは技術的にも、氷と対話できている部分が多いです」



今季(2016-17シーズン)の小平は、ほとんど無敵だった。

世界距離別選手権500mで優勝。ワールドカップも8戦全勝、2度目の種目別総合優勝。500mの日本記録を36秒75に塗り替えた。

だが、順位や結果に、小平は以前ほどこだわらない。

「順位は相手との兼ね合いであり、自分ではコントロールできないもの。自分でどうしようもないことを考えるのにエネルギーを使うより、自分でどうにかできる部分を全力で考えます」



最後に、金メダルの期待が高まる平昌オリンピックに、小平はこう語った。

「オリンピックの舞台で、わたしが本当にやりたいのは、世界の選手と自分の持っている力を出し合って、氷の上で自分を表現し合うこと。それは戦いではなく”仕合い”。それがスポーツの本当の醍醐味だと思います」



(了)



出典:小平奈緒「ただ、ベストな自分を追い求めて」
Number(ナンバー)925号 スポーツ 嫌われる勇気
Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)



関連記事:

出産・育児とオリンピック。岡崎朋美(スピードスケート)

山田満知子と伊藤みどり [フィギュア]

ソチ18日間、ともに流した涙 [鈴木明子]




エディーの「嫌われる勇気」[ラグビー]





エディー・ジョーンズ、57歳。

「選手から好かれる必要などない」と断言する、この男。その実績たるや周知のとおり、ラグビー日本代表を率いた2015年W杯、常勝の巨人軍団、南アフリカ撃破という大金星をもたらした。

ワールドカップ後に日本を去ったエディーは、ラグビーの母国イングランドに渡る。そしてイングランド代表のHC(ヘッドコーチ)に就任。イングランド代表を、オールブラックスに並ぶ18連勝へとみちびき、シックス・ネーションズ(欧州6ヵ国のリーグ戦)を連覇。



エディーは言う。

「選手から好かれる必要などないのです。嫌われても全くかまいません。ただし、選手から『リスペクト(敬意)』をもたれていないとすれば、それは指導者失格です」

Number誌は問う、孤独ではないか?と。

エディーは答える。

「指導者とは、孤独なのです。絶対にね。逆に聞きたいですね、選手たちから孤立して、何の問題があるのか、と。むしろ、孤立しないといけないのです。たとえば選考漏れした選手と、その決断を下した私が、同じ気持ちになれるはずがない。たとえばイングランド代表のキャンプに30人招集し、ハードワークにあたらせる。そこから7人を落とし、23人のメンバーを選ばないといけない。感情的に距離を置いておかないと、そんなことできないでしょう。感情を切り離すことによって、自分の仕事に集中できる。まさに、嫌われる勇気が必要なのです」

エディーはつづける。

「わたしに嫌われる勇気があるとすれば、それは『自分を貫く勇気』です。自分を信じて、自分自身であり続ける。多くの日本人は、他者から好かれたいと思うあまり、いつも他人の顔色をうかがって生きています。その結果、自分であることを貫けない。選手はもちろん、コーチ陣にもそれを感じます。ここイングランドでも、同じ文化を感じます。国土が狭く、人口密度の高い島国では、他者との精神的な距離が近すぎる。敵をつくったときの代償が大きいからです。だから日本やイングランドでは、他者の顔色をうかがって、本音を隠した生き方を選ぶ人が多いのではないでしょうか。アメリカやオーストラリアでは見られない傾向です(注:エディーの生国はオーストラリア)」





エディーは言う。

「私はいつもアウトサイダーでした。オーストラリアでは半分日本人だとして差別され、日本では集団の『和』を乱す外国人として扱われ、イングランドに来た現在も、初の外国人監督として同じような目で見られています。もともとイングランドの人間は、オーストラリアが好きではありませんあらね。私はどこへ行ってもアウトサイダーなのです」

2012年、エディーが日本代表HC(ヘッドコーチ)に就任したとき、多くのラグビー関係者は「日本は世界では勝てない」と言っていた。

エディーは言う。

「『なぜなら日本人は身体が小さすぎる』とね。そんなことはわかっている。問題は『与えられたものをどう使うか』なのです。身体の小ささは、スピードにつながります。持久力にもつながります。足りないものに注目しても、出てくるのは言い訳だけです。われわれに与えられた武器は何なのかを考えなければなりません。『何が与えられているか』ではなく、『与えられたものをどう使うか』ということです」

エディーはつづける。

「多くの指導者は、選手の『現在』を見て、指導方針を考えます。そうすると足りないところばかりに目が向いてしまう。そうではなく、選手の『未来』を見るのです。数年後、その選手が大活躍している姿をイメージし、そこから逆算すれば、何を伸ばしていけばいいかわかります。才能とは、フィジカルや技術ばかりではありません。精神的な才能にも注目すべきです。たとえ技術的に未熟であっても、ハードワークに耐えられるだけの勇気をもっているなら、それは大きな才能です。タフな課題に挑む決断をくだした人間だけが、世界の舞台で活躍できるのです」

エディーは、さらに言う。

「たとえば日本代表時代、フルバックの五郎丸歩選手には、ほかの選手とは違った枠(フレームワーク)を与えていました。かれは人間的にもプレーヤー的にも少し特殊なタイプだったので、月曜日には全体練習から離れ、キックを中心とした自由度の高いメニューを与えました。ワールドカップが終わり、クリスマス休暇で日本に戻ると、テレビでたくさんの代表選手を見かけました。五郎丸選手は国民的スターになっていました。あのとき、もう少し厳しく言ってあげる指導者が必要だったのではないかと思っています」





サッカーにも話がおよぶ。

「たとえばサッカー日本代表の香川選手は、とてもクリエイティブなプレーヤーです。しかし彼の能力を最大限に引き出せたのは、ドルトムント時代のユンゲル・クロップ監督だけでした。おそらくクロップは、香川選手に最適な枠(フレームワーク)を用意したのでしょう。常に信頼を寄せ、失敗を恐れさせず、大きなフレームワークを与えた。感情のハードワークを後押しした。個人的見解として言わせてもらうなら、日本代表での香川選手はとても窮屈にみえます」





最後に、エディーはこう語った。

「成功は、その場かぎりで終わるものです。たとえば2015年のW杯最終戦(対アメリカ)は日曜日の夜でした。わたしは翌朝には、つぎの目標に向かっていました。なぜか? わたしは日本のラグビー界に残せるものはすべて残し、全力を出し切った。その実感だけが、わたしを次の目標へと向かわせます。もしも全力を出し切れていなかったら、その場にとどまってしまうでしょう。つねに全力を出し切ることは、次なる目標に立ち向かうためにも大切なのです」






出典:エディー・ジョーンズ「すべては勇気の問題だ」
Number(ナンバー)925号 スポーツ 嫌われる勇気 
Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)



関連記事:

「奇跡じゃなくて必然です」日本vs南アフリカ [2015ラグビーW杯]

歴史的敗北から歴史的勝利まで [ラグビー]

エディーの課した「人生最大の負荷」 [湯原祐希]




2017年5月12日金曜日

論語と野球[栗山英樹]



話:栗山英樹(北海道日本ハムファイターズ監督)





ぼくにとって、むかしの書物の存在は大きかったと思います。『論語』だったり『菜根譚』だったり、





韓非子』、『言志四録』、『十八史略』もそう……





そういう本を読みはじめたのは、40歳になった頃かな。

いろんな方に会うようになって、社会で活躍する人の共通点みたいなものをイメージしはじめたんです。いつも声がでかいとか、たくさん食べるとか、よく笑うとか、いろんなところに共通項がある。

この人たちはいつも、なにを根っこに考えているんだろうと思って訊いてみると、ほとんどの人が中国古典に行き着いているということがわかりました。





なぜ、みんなが『論語と算盤』って言うんだろうって。

人のために尽くす道徳心と、お金を稼いで利潤を求めることって、一見、対極にありそうじゃないですか。でも、この本の冒頭には、日本というのは「サムライの魂と中国の歴史でつちかったものを組み合わせるといい」と書かれているんです。

この本の著者でもある渋沢栄一って人は、幕末の時代、江戸にでて、その後、世の中のために会社をつくった。幕臣から実業家に転身したわけで、つまり考え方を変えたってことですよね。それってすごい。しかも、あの時代は金儲けに走った人はみんなが財閥をつくったのに、一番デカい財閥をつくれたはずの人がそれをしなかった。私利私欲に走ることなく、公益を図ることを生涯にわたって貫いたんですから、そりゃ、すごいでしょう。

今まで何人もの選手に『論語と算盤』を渡しました。今年も開幕投手の有原航平に、この本をわたしました。





そういえば、(田中)賢介に「オススメの本はないか」と訊かれたことがありました。もちろん『論語と算盤』を渡して、あとは『木のいのち木のこころ』を…。

これは人を育てるのにすごく役に立つ本なんです。





あとは『羆撃ち』と『ドジャース、ブルックリンに還る』だったかな。

読みやすい本、楽しい感じの本、ちょっと小難しくて勉強になる本を選びました。賢介は野球を勉強するためのチャンスやヒントが野球以外のところにあることを知っているんでしょう。





ぼく自身、今年のキャンプではずっと『禅と日本野球』という川上哲治さんの本を読んでいましたし、去年も『巨人V9 50年目の真実』を読みました。








もちろん『論語』は何度も読み返しますし、ぼくの発想はほとんどそこから来ています。なぜかって答えは単純ですよ。たった100年ちょっとの人の歴史より、何千年の歴史のほうにたくさんの答えがあるに決まってるからです。

そうじゃじゃなかったら、2000年も前の『論語』をみんなが読むはずがないんです。それは、この本の中に正しい答えがあることをみんなが知ってるからだと思います。結局、監督の仕事は人のために尽くす、人のためになる…、そこに尽きるんです。





本を一冊、読み切ったとき、自分に何が起こるのかということを、選手たちには感じてほしい。

その体験を大切にしてほしいと思っています。









出典:栗山英樹『若手を育てる読書術』
Number(ナンバー)925号 スポーツ 嫌われる勇気
Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)



関連記事:

「言葉の力」栗山英樹・日本ハム監督

素振りの先にある未来。中田翔 [野球]

道なき道をゆく。両手に二刀をたずさえて。大谷翔平 [野球]